エントリー

今年はグリーンプレートが流行ってるんだって?

今年はグリーンプレートが流行ってるんだって?

ここ数年、グリーンディスクの時計が人気だ。 クラシックな白黒のディスクを見慣れているせいか、消費者はグリーンディスクを非常に好み、ここ数年多くのブランドがグリーンディスクを発売している。

ピアジェ PIAGET POLO コレクション G0A45005
型番:G0A45005
直径:42mm
ケース厚:9.4mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:1110P
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100m
理由:ピアジェのPolo Sは、2019年にグリーンフェイスとダークグリーンのアリゲーターストラップの限定モデルとして発売されましたが、今年のグリーンプレートの時計はスティールブレスレットが付属しています。 このモデルは、42mmのスチール製ケースに、ピンクゴールドのインデックスと針で飾られたグリーンのギョーシェ文字盤を備えています。 時・分・秒と日付を表示する自動巻きキャリバー1110Pを搭載し、毎時28,800振動(4ヘルツ)、50時間のパワーリザーブ、100m防水を実現しています。

IWC ポルトギーゼ IW371615
モデル: IW371615
直径:41mm
ケース厚:13.1mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:69355
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
理由: 2020年、IWCは「ポルトギーゼ」コレクションのリニューアルを迎え、「ポルトギーゼ」クロノグラフ・コレクションで初めてグリーン文字盤のデザインを採用します。 このデザインは、帆を張る船の右舷に吊るされた緑の光からインスピレーションを得て、時代を超えた「Age of Sail」へのオマージュとしています。 直径41mmのスチール製ケース、グリーンの文字盤、航海をイメージしたブラックのアリゲーターストラップが特徴的な時計です。 また、ポルトギーゼのアラビア数字とスリムなリーフ型針はそのままに、洗練された雰囲気を演出しています。 時計の心臓部には、46時間のパワーリザーブを持つマニュファクチュール・キャリバー69355が搭載されています。

ブライトリング メカニカル クロノグラフ AB01343A1L1A1
型番:AB01343A1L1A
直径:42mm
ケース厚:15.1mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:01
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:200m
理由:今年、ブライトリングの機械式クロノグラフがリニューアルされ、認知度の高い機械式クロノグラフが復活しました。 そのひとつが、ブライトリングと英国の高級車ブランド、ベントレーとのパートナーシップを記念して発表されたこのベントレーの特別モデルで、42mmのスチールケースにグリーンの文字盤とコントラストの効いたブラックカウンター、そしてブライトリングのモダンレトロスタイルを表現するバタフライクラスプのローラービーズ付きスチールブレスレットを備えています。

結論から言うと、上の3つの時計はすべて同じグリーンの文字盤を使ったデザインですが、それぞれ異なるスタイルになっています。 この2年間は、緑のプレートが非常にホットですが、我々はすべての後に、購入する傾向に従う必要はありません、みんなの美的違いは、自分のために適した、素晴らしいです。

一目でわかる深みのある独特の「グレーブルー」が印象的です。

一目でわかる深みのある独特の「グレーブルー」が印象的です。

今年、ドイツの高級時計ブランドであるグラスヒュッテ・オリジナルから、新作の「シックスティーズ」と「シックスティーズ・クロノグラフ」が限定発売されます。 2018年以降、グラスヒュッテ・オリジナル・シックスティーズ・リミテッドエディション・コレクションは、明るくシックなカラーリングで時計愛好家に好評を博しています。 今年もまた、新型シックスティーズは、より落ち着いた抑制の効いた外観に、さらに目を引くグレーブルーのカラーリングが施されています。 それでは、ドイツのヴィンテージウォッチの新作を紹介しよう。 (モデル:1-39-34-04-22-04)

シックスティーズ」コレクションは、シンプルな3針時計とクロノグラフの2モデルで展開され、いずれも毎年限定生産されます。

新しい「シックスティーズ・クロノグラフ」のハイライトは、文字盤のデザインです。今年グラスヒュッテは、ピュアで自然な氷河から、より洗練されたグレーブルーの文字盤に変身させました。

光の角度によって様々な表情を見せる新しいグレーブルーの文字盤は、ドイツ・プフォルツハイムにあるグラスヒュッテ・オリジナルの自社文字盤工場で、熟練の文字盤職人が手作業で製作したものです。 その文字盤を独自のアーチ型にプレス加工し、電気めっきでニッケルをコーティングしています。

見事なグラデーションを表現するために、文字盤はダークブルーのラッカーで塗装されており、そもそもダークなエッジを演出しています。 その後、文字盤の表面全体にグレーブルーのラッカーが塗られます。 この繊細なクラフトマンシップにより、文字盤の色が異なるグラデーションとなり、それぞれの文字盤が個性的なものとなっています。

新しい「シックスティーズ・クロノグラフ」は、レトロな雰囲気のアーチ型サファイアガラス・クリスタル、カーブした針、文字盤の特徴的なアラビア数字など、60年代の最もクラシックな要素を示すコレクションにふさわしいデザインを踏襲しています。

この時計は、ポリッシュ仕上げのベゼルを備えたステンレススチールケースに収められ、手触りの良い仕上がりになっています。 直径42mm、厚さ12.4mmと、普及サイズに収まっています。

サイドシリンダー・クロノグラフ・プッシャーとリュウズ

この時計には、グレーブルーの文字盤にマッチしたグレーブラウンのスエードカーフストラップが装着され、ビンテージな紳士の雰囲気を醸し出しています。

裏蓋はバックシースルーになっており、4分の3プレート、グースネックのマイクロアジャスト機構、グラスヒュッテのコラムパターン、美しいポリッシュ仕上げを特徴とする精緻なキャリバー39-34を搭載し、完全に巻き上げると40時間のパワーリザーブとなる。

まとめ:絶妙なシックスティーズ・クロノグラフは、深みのある無限のグレーブルーのスタイルで、現代の紳士のスタイルの魅力を際立たせています。 クロノグラフモデルに加え、3針モデルでは、よりミニマルでスタイリッシュなダイヤルデザインを採用し、時計愛好家が必要に応じて選択できる2種類の機能モデルを用意しています。

 

スポーツクロノグラフ「スピードマスター」と「ダイアゴナル」。

スポーツクロノグラフ「スピードマスター」と「ダイアゴナル」。

オメガのスピードマスターとロレックスのデイトナは、時計界で最も有名なクロノグラフです。 中国では、非常に有名な存在です。 しかし、スピードマスターやデイトナと同じくらい有名で、非常に高い評価を得ているクロノグラフがもうひとつある。 こちらはタグ・ホイヤーの「カレラ クロノグラフ」です。

追記:スピードマスターやデイトナと同等というのは、世界での人気を指していることにご注意ください。 取引相場を意味するものではありません。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ。

タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフはそんなに有名なんですか、と言う選手もいるかもしれません。 中国では見ることができません。 実際、タグ・ホイヤーのクロノグラフは、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国など海外でも知名度が高く、流通量も非常に多い。 タグ・ホイヤーの「研究」に特化したウェブサイトやフォーラムがあり、フュイスが主催するタグ・ホイヤーのヴィンテージ・クロノグラフの特別オークションも開催されています。

 

フォイヤーズのタグ・ホイヤー特別オークションに出品されたヴィンテージ・タグ・ホイヤー・クロノグラフ。

タグ・ホイヤーのクロノグラフが海外でこれほど高い人気を得ているのは、主に歴史的なモータースポーツへの取り組みによるものです。 タグ・ホイヤーのクロノグラフは1950年代後半のラリーが起源で、レース好きの外国人が多く、車で遊ぶ環境があったので、タグ・ホイヤーのクロノグラフは自然に火がついた(中国にはレースの文化や大衆的な基盤がなかった)。 今日でもタグ・ホイヤーは、FEフォーミュラ・エレクトリックとGTsportのスポンサーを務めています。 このようなスペックは、オメガのスピードマスターやロレックスのデイトナでなければ実現できない。

 

 

タグ・ホイヤーは、FEフォーミュラ・エレクトリックのスポンサーです。

今年、タグ・ホイヤーのクロノグラフは、旧型の01クロノグラフムーブメントを廃止し、新型の02クロノグラフムーブメントを量産するなど、大きなリニューアルを遂げました。 その結果、今回注目するタグホイヤーの新世代カレラクロノグラフも見てきました。

タグ・ホイヤーの新世代カレラクロノグラフは、42mmのフォーマルバージョン、44mmのスポーツバージョン、45mmのスケルトンバージョンの3種類がありますが、私が手に入れたのは、44mmのスポーツバージョンです。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ。

タグ・ホイヤーの新世代カレラクロノグラフ、スチールケース、44mmは、スポーツウォッチとしては通常のサイズレンジですが、比較的大きめな方だと思います。 私は45mmのカレラ01スケルトン クロノグラフ(現在は生産終了)を購入していたので、新世代のカレラ クロノグラフが若干サイズダウンしていることがわかります。 また、「01 クロノグラフ」よりも少し薄くなっています。 タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」のケースは、一般的なスポーツウォッチ(側面がサテン仕上げのものが多い)とは異なり、常に側面がポリッシュ仕上げ、正面ラグがサテン仕上げになっています。 クロノグラフのプッシュボタンはねじ込み式ではありませんが、100m防水を実現しています。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ

ブラック、ブルー、ブラックゴールドの3つのモデルからなる新しい44mmカレラクロノグラフは、ダイヤルと同色のセラミック製ベゼルを採用しています。 ブラックとゴールドカラーのセラミックベゼルのインデックスにはゴールドを、グリーンダイヤルのバージョンにはスチールベゼルを使用しています。

 

新しいタグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ、44mm スポーツは、ブルー、ブラックゴールド、ブラック、グリーンの4モデルです。

タグ・ホイヤーの新世代カレラ・クロノグラフの文字盤は、より変化に富んでいます。 まず、新しいカレラクロノグラフ(キャリバー02)は、3時、6時、9時位置にクロノグラフダイヤルを配置し、3時位置に30分計、6時位置にスモールセコンドとカレンダー、9時位置に12時間計を配したレイアウトを採用しています。 旧カレラクロノグラフ(キャリバー01)の6、9、12レイアウトとは一線を画しています。 クロノグラフの文字盤の位置で、新旧のカレラモデルを一目で見分けることができるのです。 新しいカレラクロノグラフは、針とアワーマーカーに大きな発光部を持つ立体的なバーインデックスを採用しています。 文字盤もスモールクロノグラフカウンターも、レイヤリングが強くなっています。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ

新世代のカレラクロノグラフでは、スモールカウンターにレコードパターンが施され、文字盤では、よく見ると、比較的珍しい細かい円形のブラッシングが施されていることがわかります。 一般的な時計の文字盤には、放射状のパターンがよく使われているからだ。 新しいカレラは、ユニークなサーキュラーブラッシュ仕上げの文字盤を採用しています。 また、文字盤の6時位置のアワーマーカーの両脇には「HEUER0280HOURS」の刻印があり、80時間駆動の新型自動巻きクロノグラフムーブメント「02」を搭載していることを強調するディテールが施されています。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラ・クロノグラフは、グリーンの文字盤のディテールが特徴です。

 

新しいタグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ、ブルーの文字盤のディテール。

自動巻きクロノグラフムーブメント「タグ・ホイヤー02」を引き続き搭載した、新世代の「カレラ・クロノグラフ」です。 2017年に登場したタグ・ホイヤー02自動巻きクロノグラフムーブメントは、旧来の01自動巻きクロノグラフムーブメント(セイコーが特許を取得した技術、振動歯車クラッチを使用)に代わるもので、2017年から2020年の3年間、01と02の共存の中で、01ムーブメントの生産が終了した現在、完全自社技術の02ムーブメントはタグ・ホイヤーの唯一のメインクロノグラフムーブメントになっています(多くの場合 01キャリバーモデルは現在も販売中です)。

 

 

タグ・ホイヤーの新作「カレラ クロノグラフ」、自動巻きクロノグラフムーブメント「02」を搭載しています。

コラムホイールと垂直クラッチを採用したタグ・ホイヤー02クロノグラフ・ムーブメントは、毎時28,800振動、80時間のパワーを備えています。キャリバー02は、アッパーブリッジにジュネーブストライプを施し、ムーブメント特有の装飾を備えています。 新しいカレラクロノグラフには、車のステアリングホイールの形状を模したスケルトンの円形ローターが採用されています。 現在、LVMHグループの時計は、ウブロ、ゼニス、タグ・ホイヤーの3社で、ウブロがウニコシリーズのクロノグラフムーブメント、ゼニスがエルプリメロシリーズのクロノグラフムーブメント、タグ・ホイヤーが02シリーズのクロノグラフムーブメントというレイアウトになっています。LVMHグループの時計は、概ね0/+7秒を標準として計時しています。

 

最近話題の3つの時計、あなたはどれが一番好きですか?

最近話題の3つの時計、あなたはどれが一番好きですか?

最近、多くのブランドから新製品が続々と発売されています。 その中には、ユニークな形や特別な意味を持つものがあり、多くの時計愛好家の注目を集めています

ジャガー・ルクルト ノースチェン アラーム ダイバー
型番:9038180
直径:42mm
厚さ:15.63mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:956AA
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:300m
理由:この時計は、ノースチェンコレクションの象徴的な直径42mmのケースを踏襲し、滑らかな輪郭とスポーティな同心円グラデーションのブルーダイヤルが、現代の美意識であるエクセレンスを際立たせています。 また、ジャガー・ルクルト初の自動巻きアラームウォッチ・ムーブメントと同じ自動巻きキャリバー956を搭載し、アラームを音声信号としてダイバーに水面への復帰時刻を知らせます。 また、裏蓋が透明になっており、ケースサイドに固定されたゴングや、コート・ド・ジュネーブ装飾が施された新しい透かし彫りのメタル製ローターが見え、ムーブメントのプレートと同様の繊細なタッチを表現しています。 上部のリューズでアラームを操作し、文字盤中央のディスクを回転させて三角形の針をアラーム時刻に合わせます。中間のリューズでダイビング用インナーベゼルを操作し、下部のリューズで時刻を合わせます。

オメガ スピードマスター 50周年記念 スヌーピー・アワードウォッチ
型番:310.32.42.50.02.001
直径:42mm
ムーブメント:手巻き
ムーブメント:3861
ケース素材:スチール
防水性能:50メートル
理由: この時計の発売が話題を呼びました。 この50周年記念モデルは、1970年にオメガがアポロ13号ミッションを含む有人宇宙探査への多大な貢献に対してNASAから受け取った「スヌーピー」賞へのオマージュとして製作されました。 アポロ13号のミッションをはじめ、人類の宇宙開発への多大な貢献。 9時位置のブルーのサブダイヤルには、レーザー刻印された「Ag925」ロゴ、ブルーPVD加工されたアプライド・インデックス、そしてスピードマスターのクラシックな「ムーンウォッチ」が、シルバーのカメオメダルとして初めて採用されています。 " スタイルの手です。 また、裏蓋の地球ディスクが時計のスモールセコンド針と同期して1分間に1回回転するという面白いデザインも採用されています。 そして、白黒のコミックで描かれたCSM(コマンド・サービス・モジュール)に座り、クロノグラフの秒針が動き出すと、スヌーピーはアポロ13号の宇宙飛行士と同じように、神秘の月の裏側をめぐる発見の旅に出るのです。

ゼニス TYPE 20 ブループリント リミテッドエディション
モデルNo.03.2435.679/51。
直径:45mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:エリート679
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100メートル
理由:「パイロット・ウォッチ TYPE 20 ブループリント」は、「パイロット・ウォッチ」コレクションの伝統を受け継ぎ、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げの表面で装飾された特大のスチールケースと、フライトグローブを着用していても簡単に時刻合わせができるアイコニックな特大「オニオン」型リューズを装備しているのが特徴です。 ケースサイドのネジ式プレートには、この時計の限定番号(250本限定)が刻印されています。 自動巻きムーブメント「エリート」を搭載し、最低50時間のパワーリザーブを実現しています。 スタッズ付きのブルーのカーフスキンレザーストラップとチタン製ピンバックルが装着され、パイロットらしさを演出しています。

まとめ:上記3つの時計は、ブランドの認知度が高いコレクションと言え、さらに、これまでのリリースが比較的口コミで好評だったこともあり、今回の新作も再び話題を呼ぶことができました。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク「ニュー・ジェネレーション・ムーブメント」、そのレベルは?

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク「ニュー・ジェネレーション・ムーブメント」、そのレベルは?

昨年、オーデマ・ピゲは、旧モデル15400に搭載されていた自動巻きムーブメント3120に代わり、新型自動巻きムーブメント4302を搭載した新世代モデル15500を発表し、ロイヤルオークのリニューアルを完了させました。 同時に、オーデマ・ピゲの最新コレクション「11.59グランド・スリーハンド」にも新型自動巻きムーブメント4302が採用されました。 こうして、4302自動巻きムーブメントは、オーデマ・ピゲの新しいメイン自動巻きムーブメントとなりました。

 

オーデマ ピゲ 11.59 グランド スリーハンド

 

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15500

かつて「最も美しい自動巻きムーブメント」と呼ばれたオーデマ・ピゲの前作キャリバー3120(時刻はゼロで表記)に比べ、サイズ、性能ともにアップしています。 最近、海外の時計メーカーがオーデマ・ピゲの4302ムーブメントを分解してくれました。 これによって、4302ムーブメントの内部構造を詳しく見ることができ、オーデマ・ピゲの新世代メインムーブメントがどのようなものであるかを知ることができます。 さっそく始めてみましょう。

PS.海外時計メーカー「THENAKEDWATCHMAKER」の解体画像をダウンロードできます。

 

オーデマ・ピゲの新世代自動巻きムーブメント4302は、すでにロイヤルオーク15500、11.59コレクションに広く採用されています。

オーデマ・ピゲの新しい自動巻きムーブメント4302、ベースデータ。

自動巻きムーブメント4302、両方向巻、サイズ32mm、厚さ4.8mm、32石軸受、非校正分銅による微調整済みテンプ、振動数28,800回/時、パワー70時間。

 

オーデマ・ピゲの11.59コレクションに搭載されている4302自動巻きムーブメントを使用。

ご覧のように、41mmのホワイトゴールド製ケースに収められたオーデマ・ピゲの11.59グランドセコンドを分解してみました。 ムーブメントのシースルーバックからわかるように、32mmのキャリバー4302はケースに適した大きさです。 旧型の自動巻きムーブメント3120の小型化(3120ムーブメントで26.6mm)の問題を解決しました。 また、ラウンドベゼルの下には、11.59コレクションの特徴である八角形のケースが見えます。ラウンドベゼルと透かし彫りのラグが一体化し、ベゼルとケースバックで八角形のケースを挟み込む形になっているのです。 ウォッチヘッドの作りは格別です。

 

オーデマ・ピゲ11.59のベゼルとラグは一体型であり、非常に特殊な構造となっています。

22Kゴールド製の4302ムーブメントを搭載した自動巻きトゥールビヨン。 オーデマ・ピゲの伝統を受け継ぎ、自動巻きトゥールビヨンにはオーデマ家の城のマークと、オーデマ・ピゲを構成するピゲ家の駿馬のマークが刻まれています。 ローターの中心から、4302ムーブメントがボールベアリングローターを使用していることがわかります。 ローターの中心軌道にあるセラミックボールがかすかに見える。

 

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302を搭載した22Kゴールド製の自動巻きトゥールビヨンです。

自動巻きトゥールビヨンを取り外すと、4302ムーブメントの全貌を見ることができます。 全体として、4302ムーブメントの主要なブリッジのいくつかを見ることができます。6時位置は香箱ブリッジ(ブリッジに3つの開口部があり、巻上げ歯車が見えます)、9時位置は自動巻き機構ブリッジ、11時位置はバランス車ブリッジ、2時位置は駆動輪列ブリッジとなっています。 4302はムーブメントのメインブリッジをジュネーブストライプで装飾し、さらにルビーベアリングが見え、ブリッジのエッジをミラーベベル加工しており、非常に美しいムーブメントになっています。

 

 

ローターを外した4302ムーブメント。

まず、4302ムーブメントのバランスホイールを見てみましょう。 ご覧のように、4302のムーブメントは、クロスオーバー型テンプコックを備え、コックの左右にある「ナット」を調整することで、テンプと脱進機のフォークを調整することができるようになっています。 4302ムーブメントは、6つの微調整用ウエイトを持つテンプの微調整に、非調整用ウエイトを使用しています。 テンプはインカブロック社製のショックアブソーバーを搭載した3アーム式テンプを採用。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のテンプの一部。

 

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のテンプとヒゲゼンマイ部分です。

バランスホイールとテンプコックを取り外すと、その下にある脱進機フォークが見えるようになります。 テンプの下の地板が見えるが、すべて魚の鱗模様の装飾が施されている。 また、メインプレートには4302の刻印があります。 見ての通り、4302ムーブメントは伝統的なジュエルフォークタイル脱進機を使用しています。 自動巻き輪列を取り外すと、ムーブメントの最も重要な駆動輪列が露出します。

 

テンプホイール部分を取り外すと、4302ムーブメントはテンプコックの左右にある固定ナットと脱進機のフォークを見ることができます。

4302ムーブメントの2番車、3番車、4番車、脱進機をはっきりと見ることができるのです。 7時と8時位置のムーブメントの下にある長いカーブを描くレバーは、キャリバー4302のストップセコンド・レバーです。 リュウズを外すと、ストップセコンドレバーがテンプにかかり、テンプを止めることで秒読みを行います。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302の自動巻きトゥールビヨンドライブパーツ。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302の駆動系の一部と、7時位置と8時位置にある長いカーブを描くストップセコンドレバーを見ることができます。

駆動輪列の歯車とブリッジをすべて取り外すと、4302ムーブメントの地板が露出します。 ここから、4302ムーブメントの地板には、見え隠れする魚の鱗模様が施されていることがわかります。 一方、ムーブメントの香箱には、放射線状の装飾が施されています。 オーデマ・ピゲのブランドポジショニングに沿った、美しい装飾と研磨が施されたムーブメントを搭載しています。

 

 

駆動輪列を取り外すと、オーデマ・ピゲのキャリバー4302の地板を見ることができます。

ムーブメント前面に目を向けると、4302ムーブメントのカレンダー機構と、時・分・秒の輪列がメインになっています。 ムーブメントの一番外側にあるカレンダーリングは歯付きです。4302はインスタントカレンダーで、カレンダーはリュウズを1段引き抜くことで手動で調整します。 手動でカレンダーを調整する際に、カレンダーのジャンプを制御する部分である「コインクロス」の形をした4枚羽根のカムが見える。 ムーブメントの前面には、デイトリング以外の部分もパール加工が施されています。

 

オーデマピゲ・キャリバー4302フロント

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のマニュアルカレンダー調整部分。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のカレンダーリング。

一般論として、オーデマ・ピゲの新しい自動巻きムーブメント4302は、クラシックなスイス時計製造の構造とスタイルを持ち、オーデマ・ピゲがこれまでに採用した最大の自動巻きムーブメント(複雑機構を除いた通常の自動巻きムーブメントの意味)となります。 旧来のメイン自動巻きムーブメント、キャリバー3120と比較して、4302はさらに性能を向上させ、美しさと実用性をバランスよく両立させています。

時を超えた約束、バレンタインデーのおすすめ時計

時を超えた約束、バレンタインデーのおすすめ時計

人類の永遠のテーマである「愛」。 熱く燃える情熱に火をつけ、絶え間ない守護のロマンで長続きさせる。

IWC ポートフィノ
モデル:IW459401、IW357403
直径:40mm、34mm
厚み:11.1mm、8.6mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:35800、35100
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
理由:ポートフィノコレクションは、サテンポリッシュ仕上げのスチール製ケースに、金属の繊細な光沢が映える、シンプルでエレガントなデザインです。 両モデルとも、シルバーメッキの文字盤に、ゴールドメッキの針とアップライトのインデックスを配し、気品とエレガンスを醸し出しています。 また、メンズでは12時位置にムーンフェイズ窓を設け、時計に華やかさを添えています。 両モデルとも、ダークブラウンのアリゲーターストラップを採用し、クラシカルな雰囲気に仕上げました。 直径は男性用が40mm、女性用が34mmで、ほとんどの手首のサイズに対応しています。

ブライトリング メカニカル クロノグラフ
型番:AB0134101C1A1、A77310101C1A1
直径:42mm、32mm
厚さ:15.1mm、8.54mm
ムーブメント:自動巻き、クオーツ
ムーブメント:B01、B77
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:200m、100m
理由:ブライトリングの機械式クロノグラフシリーズは、2020年に男性用と女性用をそれぞれ発売し、瞬く間に多くの消費者の注目を集めました。 このコレクションの時計は、ユニークで一目でわかるものばかりです。 このメンズクロノグラフは、文字盤の3時、6時、9時に1/4秒、30分、12時間の累積カウンターを備え、6時位置の時間文字盤にカレンダー表示を備えています。 女性用は大型の3針デザインで、6時位置に日付表示窓を備えています。 両モデルとも、ブライトリングの象徴であるバタフライクラスプのローラービーズブレスレットを採用し、スポーティなスタイルとエレガントさを兼ね備えた、スポーツが好きな都会のカップルに最適なモデルとなっています。

ゼニス エリートコレクション
型番:03.3100.692/01.C922、16.3200.692/01.C832
直径:40.5mm、36mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:エリート692
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50m
理由:ゼニスELITEエリートは、シンプルで雰囲気のある時計で、見どころに事欠きません。 新しいデザインは、エレガントなシルバーのサンバーストモチーフに、繊細なムーンフェイズ表示と9時位置のスモールセコンド針という、アシンメトリーながら素晴らしく調和のとれたレイアウトが特徴です。 サンバーストダイヤルの下半分には、ムーンフェイズディスクの色調に合わせたダークブルーのインデックスサークルを配し、視覚的な効果を高めています。 また、レディースモデルのケース外周にはダイヤモンドが施され、女性らしさを演出しています。 メンズモデルにはダークブルーのストラップを、レディースモデルにはライトブルーのストラップを装着し、カップルの雰囲気を演出しています。

結論:変わらぬ時の約束、卓越した創造性と高品質な時計で愛を腕に守り、あなただけに属する永遠の愛の証人となりましょう。

ゴールドの華やかさ。 TUDOR Royal Collectionをご覧ください。

ゴールドの華やかさ。 TUDOR Royal Collectionをご覧ください。

TUDORは昨年、紺色の1958年製腕時計を発表し、時計愛好家の注目を集めましたが、それにとどまらず、7月には新シリーズのロイヤルコレクションを発表し、そのユニークなデザインと優れたコストパフォーマンスに注目が集まっていますので、今日はブランドのスポークスマンJay Chouと同じ黒板インターゴールドモデルのロイヤルコレクション腕時計をご紹介します。 TUDORのプロモーション写真では、同ブランドのメインモデルであるブループレートのスチールモデルを着用しています。 ジェイ・チョウはスタジオで黒のレザージャケットを着用していますが、このブラックプレートのインターゴールドはかなりイケメンですし、このインターゴールドのロイヤルウォッチ(モデルナンバーM28603-0003)のトーンにも合っていますね。

 

時計は実物の写真でご紹介しています。

 

TUDORは1926年の創業以来、創業者ハンス・ウィルスドルフの時計作りの哲学を受け継ぎ、手の届く価格で、できる限り高品質な時計を作り続けているブランドです。 TUDORが1950年代に初めてRoyalの名を使い、その卓越した品質を強調したように、Royalコレクションはこの厳しい時計製造哲学の一例であり、新しいTUDOR Royal Collectionはこの伝統を引き継ぎ、スポーティかつスタイリッシュな新しいデザインに仕上げています。 TUDOR Royal Collection」は、一体型ストラップとピッチングベゼル、自動巻きムーブメントを搭載したスポーティでスタイリッシュなモデルです。

 

チュードル ロイヤル」のケースは、堅牢で耐腐食性に優れ、低アレルギー性の316Lステンレススチール製(直径41mm)です。 また、ケースはポリッシュ仕上げとサテンブラッシュ仕上げの両方があります。

 

反対側には、上部にTUDORのアイコンである紋章を刻印したゴールドのねじ込み式リューズを備え、周囲には滑り止めの穴が開いており、時間を把握することができます。 ねじ込み式のリューズとケースバックにより、常に100m防水を実現し、日常生活での使用を可能にしています。

 

18Kイエローゴールドのベゼルにはピットカットが施され、その間にポリッシュ仕上げが施されています。この独特のデザインは、時計に層を与え、連動するゴールドのデザインは、さらに印象的で見分けがつくようになっています。

 

ブラックの文字盤にはサンバースト加工が施され、光の当たる角度によって様々な表情を見せます。 立体的なローマ数字を配したアワーマーカーは、ゴールドの針と組み合わせて時間を示し、ブラックの文字盤に映えるエレガントさも備えています。 3時位置の日付表示と12時位置の曜日表示で、実用性をさらに高めています。

 

ねじ込み式ケースバックの下には、ニバロックス製ヒゲゼンマイを採用した自動巻きムーブメントT603が搭載されており、毎時28,800振動、完全に巻き上げた状態で38時間のパワーリザーブを実現しています。

 

ロイヤル・コレクションの時計には、ラグでケースと一体化した一体型のメタルストラップが装着されています。 このデイデイトのインターゴールドモデルは、316Lスチールと18Kイエローゴールドの混合素材を使用し、5列のブレスレットは、中央のスペーサーが細かく研磨された18Kイエローゴールド、外側と中央のリンクがサテン仕上げになっています。

 

結論:TUDORロイヤルコレクションは、クラシックウォッチとスポーツウォッチの2つの特性を生かした性能と上質なスタイルの両方と言えます。さらにこのブラックプレートゴールドモデルが注目すべき点は、インターゴールドモデルとして少しも古臭くなく、ブラックとゴールドにスチールを混ぜたファッショナブルな魅力を見せており、フォーマルでも日常のカジュアルでも着用できる汎用性の高い時計である点です。 また、デイデイト表示により、普段使いにも実用的です。

スモーキーシースルー。 コマンダーグラデーション半透明ウォッチ。

  • 2022/07/11 10:48

スモーキーシースルー。 コマンダーグラデーション半透明ウォッチ。

昨年6月、ミドは自動巻き機械式時計「コマンダー・ロンギ」のグラデーション半透明バージョンを発表しました。 このコレクションは、コマンダーコレクションのクラシックな形状を継承しつつ、グラデーションのある半透明の透かし彫りを施した新しいデザインを取り入れており、文字盤が非常にユニークで、ムーブメントと文字盤の境界を曖昧にして魅力的な視覚効果を生み出しています。 本日は、このコレクションのステンレススチールケース・ブレスレットバージョン、型番:M021.407.11.411.00を詳しくご紹介します。

 

時計は実写で紹介されています


1959年に誕生し、62年の歴史を持つ「ミドー・コマンダー」コレクション。 ミドーの時計の多くが、世界中の建築物の傑作からインスピレーションを得ていることは周知のとおりですが、コマンダー・コレクションも例外ではなく、フランスの象徴であるエッフェル塔からインスピレーションを得たモデルを展開しています。 精巧に磨き上げられたケースは、丸みを帯びた外観がエッフェル塔のアーチの建築的特徴に呼応する上質なベゼルで縁取られ、ダイヤルのポリッシュ仕上げの長方形のインデックスと指標は、エッフェル塔を象徴するスチール構造物に呼応しています。 エッフェル塔がフランスの近年の歴史において最も象徴的な建造物として存在するように、コマンダーコレクションは、スイスの時計製造の伝統に由来する、ブランドの遺産とクラフツマンシップのアイコンです。

 

この時計のケースはステンレススチール製で、直径40mm、厚さ10.84mmとなっており、あらゆるサイズの手首にフィットするようになっています。 ケースはサテン仕上げ、ベゼルはポリッシュ仕上げです。

 

リューズの側面上部にはMIDOのブランドネームが刻まれ、周囲には滑り止めのピット加工が施され、グリップ感と調整性を高めています。

 

文字盤はアンスラサイトグレーのグラデーションで、外側の深いブラックから中央のクリアな発光まで、中央のムーブメントも際立たせ、スケルトン仕様の文字盤ならではの美しさを表現しています。

 

また、3時位置の黒地に白の日付窓からは、半透明の文字盤を通してムーブメントのカレンダーホイールを見ることができます。さらに、ムーブメントに施されたサテン仕上げの装飾や12時位置のMIDOロゴなど、文字盤上に浮かぶように見える他の構成部品も確認することができます。 ポリッシュ仕上げのアワーマーカーとダイヤモンドカットの時針・分針にはスーパールミノバ®が施され、暗い場所でも視認できるように配慮されています。

 

ムーブメントは正面からだけでなく、サファイアバックのねじ込み式ケースバックからも見ることができ、シースルーの裏側からムーブメントを確認することができます。 キャリバー80は、ETAC 07.611をベースにした完全自動巻きムーブメントで、ローターにはコート・ド・ジュネーブ仕上げとMIDOロゴが施され、パワーリザーブは最大80時間、50m防水を備えています。

 

ケースと同じ仕上げのスチール製ブレスレットが付属しています。 スチール部品にはハイグレードな316Lステンレススチールのみを使用し、低アレルギー性で長時間の装着でも装着者に不快感を与えず、耐腐食性に優れ、長持ちする特性を備えています。 フォールディング・クラスプの上部には、MIDOとコマンダー・コレクションの名称が刻まれています。

 

概要:全体的に、このミドコマンダーシリーズグラデーション半透明のステンレスモデルは非常に良いですが、時計のデザインの外観は、ユニークなグラデーション半透明のダイヤルは非常に魅力的ですが、時計は40適度な直径サイズですが、厚い時計愛好家の摩耗の手首周りは、また全体的な視覚効果から小さくなることはありません。 ムーブメントのハードウェアは正確で80時間のロングパワーリザーブを誇り、ステンレススチール仕上げと質感は、同コレクションのブラックPVDモデルが苦手な方にもお勧めできる、コストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

超軽量かつ超高精度を誇るショパールの新作「L.U.C パーペチュアル クロノ」です。

超軽量かつ超高精度を誇るショパールの新作「L.U.C パーペチュアル クロノ」です。

永久カレンダーとクロノグラフの組み合わせは、長い間、時計製造の卓越した技とされてきましたが、ショパールは2017年、クロノグラフと永久カレンダーの機能を一つの時計に集約し、COSC「クロノメーター」とジュネーブ・シールの両方の認定を受けた「L.U.CPerpetual Chrono」を初めて発表しました。 2021年のWatches & Wondersで、ショパールは新しいL.U.CPerpetualChronoを発表します。 見てみよう。

 

新しいL.U.CPerpetualChronoはチタン製で、その軽さが大きな特徴となっており、手に持ったときに非常に軽く、日常使いに最適なモデルとなっています。 また、L.U.CPerpetualChronoのラグは、比較的短く設計されており、手首にフィットしやすくなっています。

 

文字盤は、柔らかなグレーを基調とし、サンバーストモチーフを施した電気メッキ仕上げの18Kゴールドをベースにした現代的なデザインです。

 

文字盤の複雑な機能や表示は、12時位置に大きな二重窓の瞬間日付表示、9時位置に曜日表示、3時位置に月表示と、視認性に配慮した設計になっています。

 

文字盤の最大のデザインハイライトは、6時位置の高精度の軌道ムーンフェイズで、その誤差は122年に1日だけ!。 10時位置にはオフセンターの昼夜表示、2時位置にはオフセンターのうるう年表示があります。

 

ケースバックからムーブメントを見てみましょう。 L.U.CPerpetualChronoは、約60時間のパワーリザーブを持つL.U.C03.10-Lムーブメントを搭載しています。 ショパールが自社で開発・製造したこのムーブメントは、クロノグラフの構造をベースにしており、その中心にはクロノグラフの機能を制御するコラムホイール、そして垂直結合クラッチ機構によって正確な作動を実現しています。

 

 

フライバック機能により、針がクロノグラフの終了点に到達すると同時にスタート地点に戻り、「ストップ」「リセット」の操作が不要になります。 ゼロボタンを押すと、カウンターの瞬間的な動きと中央の秒針がプログレッシブ・コンタクトハンマーで制御され、最適な精度が得られます。 さらに、セミ・インスタント・ミニッツカウンターが、クロノグラフの分表示を正確に行います。 これらのクロノグラフ機能を強調するために、ショパールは文字盤に赤いディテールを施し、一目でそれと分かるように特別にデザインしました。

 

 

ストラップは柔らかいブラッシュカーフスキン製で、グレーカラーは文字盤の色と呼応し、控えめで実用的な時計に仕上がっています。

結論:市場でも数少ないチタン製パーペチュアルカレンダー・クロノは、ゴールドやプラチナ以外の素材を求めるコレクターに異なる選択肢を提供するとともに、高級時計のクラフトマンシップと繊細な装飾デザインが、伝統的な時計製造を現代のファッションに調和させています。 この新しいL.U.CPerpetualChronoは20本限定で発売されますので、お好きな方は今すぐお求めください。

モンブラン1858、今度は世界のさまざまな側面を解き放つ

モンブラン1858、今度は世界のさまざまな側面を解き放つ

モンブランが1858年の新コレクションを発表。 1920年代から1930年代にかけて、ミネルバは当時の人々に超高精度で読みやすいプロフェッショナルなミリタリークロノグラフを提供し、過酷な状況下でも信頼できる性能を保証しました。 今日、モンブランは古典をベースに、歴史を再解釈し、山岳探検の精神からインスピレーションを得て、新しいコレクション「モンブラン1858」を発表しています。

スターモデル「デザートトーン」に限定モデルが登場 - 新作「モンブラン 1858 ワールドタイマー 北半球・南半球デザートブラウン限定モデル」(世界限定1,858本)。

山に登り、森を発見し、氷河を探検したモンブランは、今年、砂漠の神秘の色からインスピレーションを得て、新しい1858コレクション ワールドタイマー 北半球・南半球限定モデル(デザートブラウン)を発表します(世界限定1858本)。 この新しいテーマは、2004年にラインホルト・メスナーが冬と暑さという砂漠の極限状態をものともせず、ゴビ砂漠を単独で2000キロメートル踏破した偉業へのオマージュでもあるのだそうです。

 

1858コレクションを代表するモデルのひとつである「モンブラン 1858 ワールドタイマー ノース&サウス」は、一目で分かる2つの回転する立体的な半球を備え、独自のワールドタイマーを表示するモデルです。 この新作は、険しい地形の風景と色調を再現しており、裏面に特別なエングレーヴィングを施したサテンブロンズケース、ブラウンの光沢セラミックをはめ込んだ双方向回転ブロンズベゼルと、スモーキーブラウンとベージュのラッカーコーティングのダイヤル、ビンテージブラウンのハロコーティングのカーフストラップが調和しています。

 

この時計は、これまでと同じ流れを汲んでいますが、配色に工夫が施されています。ケース径42mm、スモーキーなブラウンの文字盤からベージュへのフェードアウトは、とてもよく考えられていますね。 ラッカー仕上げに温かみのあるローズゴールドメッキを施し、このモダンで機能的な時計の全体的なデザインを完成させています。 さらに、デイ/ナイト表示、カテドラル針、アワーマーカー、方向指示器、半球のすべてに、ベージュ色のスーパールミノバ®コーティングを手作業で施し、視認性を高めるとともに、時刻情報をより簡単に把握できるようにしました。

 

新作「モンブラン 1858 ワールドタイム 北半球・南半球デザートブラウン」限定モデル(世界限定1,858本)
ルミナス式時刻表示

 

新作「モンブラン 1858 ワールドタイマー ノース&サウス デザートブラウン」限定モデル(世界限定1858本)。
ユニークな裏蓋のデザイン
この新モデルには、もうひとつ味わうべきデザインがあり、その謎は時計の裏側にあるのです。 裏蓋のゴビ砂漠のモチーフを際立たせるために、特殊な技法が用いられました。まず、チタンにレーザー彫刻を施し、そのレリーフ効果を確実にするために、何層もの装飾を施しました。 その後、再びレーザーを用いて、希望するマットまたはポリッシュの光沢仕上げをさらに磨き、最後にレーザー酸化によって色付けを行います。 モンブランは、この技術を大規模に使用するスイスの代表的なブランドの一つであり、ブランドの冒険心に沿った革新的な技術です。

また、モンブラン独自のキャリバーMB29.25(ワールドタイムコンプリケーション搭載)を搭載し、42時間のパワーリザーブと100m防水を実現し、誰もが日常的に使用できる時計となっています。 この新しいヴィンテージ風のタイムピースは、1858コレクションをさらに充実させ、すべての人にさらなる選択肢を提供します。

ライムゴールドという特別な素材を用いた画期的なモデル - 新作「モンブラン 1858 スプリットセコンド クロノグラフ ライムゴールド」限定モデル(世界限定18本)

また今年は、モンブランの新作「1858 スプリットセコンド クロノグラフ ライムゴールド リミテッドエディション」を世界18本限定で発売します。

 

歴史的な46mm径の軍用シングルプッシャー・クロノグラフ「ミネルバ」を再解釈したこのモデルは、史上初の18Kゴールド合金「ライムゴールド」で鍛造した専用ケースと、グリーンのエレメント「ライムゴールド」が印象的なゴールド文字板がアクセントになっています。 ライムゴールド」がモンブランの時計に採用されるのは、今回が初めてです。

 

44mmの18Kライムゴールド製ケースに合わせ、1858スプリットセコンド・クロノグラフ ライムゴールド限定モデルは、ゴールドの文字盤に加え、夜光塗料を封入した特許取得のスーパールミノバ®を全体に用いたアラビア数字が目を惹くモデルとなっています。 これにより、昼夜を問わず完璧な時刻の読み取りを保証するベゼルのない「モノブロック」形状を実現しています。

 

シースルーケースバックには、モンブラン独自のシングルプッシャー・クロノグラフ・ムーブメントMBM16.31が搭載されています。このムーブメントは1909年に発表された伝説のミネルバ19-09CHと、1930年代に腕時計と懐中時計の両方に採用されたキャリバー17-29からインスパイアされています。

 

ムーブメントの各面をより良い仕上げにするため、ブリッジとプレートには、限定モデルのために特別に作られた18Kゴールドメッキのニッケルブラス(洋銀)を使用し、18Kの「ライムゴールド」ケースとダイヤルにフィットさせています。 ムーブメントは、ダブルコラムホイール(クロノグラフとスプリットセコンド用)と水平クラッチ機構を備え、パワーリザーブは50時間です。

オリジン」の名のもとに - 新作「モンブラン1858 シングルプッシャー クロノグラフ ミネルバコレクション」限定モデル(世界限定100本)

新しい1858コレクションは、1920年代から1930年代のミネルバのミリタリーウォッチにインスパイアされています。 これからお話しする時計は、その名作へのオマージュです。 この新作は、単なるレプリカにとどまらず、オリジナルのミネルバ・タイムピースの核となる要素を残しながら、よりヴィンテージ感のある仕上がりになっています。

 

直径46mmの特殊なブロンズ合金製ケースは、特徴的な「ジェネラルズ」ケースバックデザインを採用し、ベージュの要素を持つビンテージブラックダイヤルと、ブラウンハローコートのクロコダイルレザーストラップを引き立たせています。

 

新作「モンブラン 1858 シングルプッシュボタンクロノグラフ ミネルバコレクション リミテッドエディション」は、特別なブロンズ合金製ケースに収められています。 ブロンズは時間が経つと銅のような緑色の魅力的な色合いになり、環境や人によって見え方が異なることは周知の通りです。

 

新作「モンブラン1858 シングルプッシュボタンクロノグラフ ミネルバコレクション」限定モデル(世界限定100本)

 

時計の文字盤デザインの詳細
さらに、モンブランは非常に革新的な技術で、知恵の女神ミネルバのイメージを「ジェネラル」ケースバックに刻み込み、リアルな立体感を表現しています。 ムーブメントMBM16.29は、オリジナルのミネルバ・クロノグラフ・ムーブメントと同様に、クラシックなV字型ブリッジ(1912年に特許を取得したデザイン)を備え、50時間以上のパワーリザーブを備えています。 新作の1858シングルプッシャークロノグラフは世界限定100本なので、気に入った方はお早めにどうぞ。

 

上記の新作3モデル以外にも、現在発売中のモンブラン1858コレクションには注目のモデルが多数ありますので、簡単にご紹介します。

モンブラン 1858 ワールドタイマー ノース&サウス


モンブラン 1858 ワールドタイマー ノース&サウス」のデザートブラウンの限定モデル(世界限定1858本)に加え、以前には氷河や山々からインスピレーションを得たグレイシャーブルーとカーキグリーンのモデルで「世界の七つの頂上」への挑戦者にオマージュを捧げたことがあります。 直径42mmのケースと、2つの逆回転半球を今もなお採用する文字盤は、クラシックで象徴的なデザインです。 この2モデルのうち、カーキグリーンのモデルは世界限定1,858本で、こちらも当時センセーションを巻き起こした。

モンブラン 1858 オートマティック(1858本限定生産)

 

モンブラン 1858 オートマチック」は、コレクションの特徴的なデザインコードを踏襲しながら、より小さなケースサイズを実現しています。 ヴィンテージ感あふれる文字盤は、ミネルバ・マニュファクチュールの時計づくりの伝統を感じさせるミニマルなデザインと高い信頼性を兼ね備えています。 ポリッシュおよびサテン仕上げのスチールまたはブロンズ製のケースは直径40mmで、スリムなカーブを描くラグとフルーテッド・クラウンが独特のレトロルックを醸し出しています。

 

裏蓋にはモンブラン山脈、コンパス、交差する2本のピッケルが刻まれ、モンブランの山岳探検の精神とこの象徴的な山がさらに強調されています。

モンブラン 1858 自動巻クロノグラフ


この「モンブラン 1858 オートマティック クロノグラフ」は、伝説的でありながら精巧なミネルバ・クロノグラフを再解釈したもので、山の冒険心を表現し、自然回帰という現代のトレンドを表現しています。 ダブルインダイヤルのクラシックなデザイン、レトロなクロノグラフのプッシャー、モンブランの象徴的なロゴ、モンブランの峰のロゴなど、1920~30年代に軍事用や遠征用に作られたミネルバ・クロノグラフのスタイルがうかがえます。 文字盤は、ブラック、グリーン、ブルーの3色からお選びいただけます。

モンブラン 1858 24時間オートマティックウォッチ

機能的で実用的な「モンブラン 1858 24アワー オートマティック」は、現代の探検家のためにデザインされました。 スーパールミノバ®を塗布した赤い1本の針は、24時間スケールで時刻を示し、時刻表示だけでなくコンパスとしての役割も果たします。

 

42mmのスチール製ケースに、ブロンズのベゼル、ブラックの文字盤、ベージュの夜光塗料付き数字とインデックスが収められています。 文字盤にはスーパールミノバを塗布した北半球の地図が隠されており、夜間のみ表示されることでミステリアスな魅力を放ちます。 モンブラン1858 24時間自動巻には、フランスで150年続く伝統的なストラップ工房で作られた、精巧なブラックNATOストラップが付属します。

モンブランにとって、クラシシズムとイノベーションは対立するものではなく、互いに補い合いながら、多くの素晴らしい作品を生み出しているのです。 モンブラン1858コレクションの新作の中で、あなたはどれがお好みですか? ご意見・ご感想は下記までお寄せください。

ページ移動

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed